陶芸の店 もと子

047-332-7478

平日11:00~17:00
下総中山駅徒歩1分

お問い合わせ

過去の作品展 - 第17回 MOA 岡田茂吉賞展

第17回 MOA 岡田茂吉賞展
2010年6月11日(金)から2010年7月12日(月) MOA美術館
■ 作品展について

MOA岡田茂吉賞は、日本美術界の発展に寄与することを目的として設立し、本年で第17回を迎えます。

今年度より選考方法を一部変更して、受賞対象を作品としました。また、その賞の性格についても、絵画部門は具象、抽象の制限をなくし、工芸部門は「用の美」にとどまらず造形性の優れた作品を対象としました。優秀賞は新人賞的性格が定着しているため、それを廃して、新たにMOA美術館賞を設けました。

絵画部門大賞「凍林図」(滝沢具幸)は、冬枯れの木立を気迫に満ちた筆致で描き、自然の本質に迫る存在感のある画風が評価されました。MOA美術館賞「夏の花」(植田一穂)は、花弁を大きくあしらうなど描く対象を簡略化し、独特な描線を用い、優れた色彩感覚によって表現されています。

工芸部門大賞「Heterophony 3」(秋山陽)は、轆轤成形による回転体が中心や傾きを変え集合した作品で、自らの造形理念を追求した独創性が評価されました。MOA美術館賞「銀打出花器 波穂」(大角幸枝)は、鍛金と布目象嵌による彫金の伝統技法により、稲穂の情感を創出しています。「色絵銀彩角鉢」(前田正博)は、轆轤目を残し繊細に面取りした十角の器形と、銀彩網目の肌合いに、現代感覚が認められます。「楓拭漆箱 皓月千里」(須田賢司)は、江戸指物の堅実な技術で、黒漆と白木の明暗の対比が詩情を表出しています。

本年の受賞を記念して、受賞作品を中心とした作家の作品展を開催致します。

広尾店地図 MOA美術館
〒413-8511
静岡県熱海市桃山町26-2
TEL:0557-84-2511
URL:http://www.moaart.or.jp/
交通:JR熱海駅下車/バス4のりばMOA美術館行き8分、タクシー5分
開館:午前9時30分〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館:木曜日[7/1は開館]・第2水曜日