陶芸の店 もと子

047-332-7478

平日11:00~17:00
下総中山駅徒歩1分

お問い合わせ

過去の作品展 - 広尾プラザ10周年記念特別展

広尾プラザ
10周年記念
特別展

新緑の美しい季節となりました
この度、広尾プラザ10周年を記念いたしまして、陶芸・井上萬二、波多野善蔵、ガラス工芸・藤田潤、藤田喬平(賛助出品)による特別展を開催するはこびとなりました
是非、皆様お誘い合わせの上、ご来場下さいませ
ジャンルを越えた“美”と“用”の存在を感じていただければ幸いです

期日 2003年5月14日(水)〜20日(火)
時間 午前10時半〜午後7時半
場所 〒150-0012
渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ2F

ギャラリー広尾
TEL 03-3444-1515

陶芸の店もとこ
TEL 03−3441-2515

井上萬二
Manii Inoue
重要無形文化財 日本工芸会参与 紫綬褒章受賞

昭和4年佐賀県有田町生まれ。伝統的な有田焼の技法を極め、そのうえで究極の美を、ごまかしのきかない白一色の白磁に求めて制作を続けている。確かな造形力に基づき、厳しい創作態度から生まれた作品からは磁器のもつ高い品格が感じられる。

藤田潤
Jun Fujita
日本ガラス工芸協会副理事長

昭和26年東京生まれ。父喬平と親子二代にわたるガラス作家。自然からの感動を象徴的な色彩・形で表現。涼感に富んだ色彩・爽快感が最大の魅力である。

藤田喬平
Kyohei Fujita
文化勲章受章 日本芸術院会員 勲三等瑞宝章受賞 紺綬褒章受賞

大正10年東京生まれ 昭和48年に発表した「飾筥」シリーズで一躍世界のガラス界の注目を集める。以後、日本とイタリアの両国にまたがって創作活動を続ける。藤田の飾筥は今も様々に形を変えながら日本の伝統美を世界に伝え続けている。

波多野善蔵
Zenzo Hatano
日本工芸会正会員 山口県無形文化財

昭和17年唐津生まれ。唐津と有田の窯元で修業した後、萩焼を学ぶ。伝統工芸としての古萩の茶陶を極める一方、日常使いの食器や花器にも関心が深く、精度の高さと素朴さがとけあった独特の作風を生み出している。